2017年8月19日土曜日

フィンランド、トゥルクの刺殺事件翌日、犯人もまだ特定されていないにも関わらず移民反対デモが行われようとしている


トゥルク(Turku)での殺傷事件が起きた翌日。

まだ、犯人が「外国人風の見た目」との報道しかないにもかかわらず、事件の発生したトゥルクでは移民反対デモが行われようとしています。

このデモはSuomi Ensinの主導者であるマルコ・デ・ヴィットという人物が主導しているものですが、本人はFacebookが使えない(アカウント停止されているため)代理人がイベント主催者になっています。Suomi Ensinはフィンランドのナショナリズムムーブメントで、このブログでも取り上げていますし、ヘルシンキ中心で彼らのテントを見たという人もおられるかもしれません。なおこのナショナリズム団体の主導者であるマルコ・デ・ヴィット自身はオランダ出身の人物・・・。

なお、この移民反対デモに反対するデモもトゥルクで行われるとのこと。そこではマルコ・デ・ヴィットをおちょくる曲が流される予定とのこと。

また、首都ヘルシンキにある国会議事堂前でも移民反対デモが計画されています。

昨日も書きましたが、「外国人風の見た目」であるからと言ってフィンランド人ではないとは限りませんし、逆に「フィンランド人風の見た目」であってもフィンランド人だとは限りません。病院に運ばれた被害者の中には一人は花を買うために現場に来ていたイラク出身の移民、一人はスウェーデン人の観光客もいました。彼らはどちらも犯人を止めようとして刺されています。

被害者にイラク系の人がいるためか、現地のイラク系コミュニティも被害者追悼のために集まるイベントを予定しています。


Source: Facebook

(abcxyz)

0 件のコメント:

コメントを投稿